自殺して地獄に行った15歳の少女  自殺者たちの証言・聖書の証言  天国地獄の証言集  天国と地獄の情報

私は天国でペットと再会した!
愛犬・愛猫家のあなたに朗報!! 天国で永遠に一緒にいられる!!
レベッカ・R・スプリンガーの体験(アメリカ)


猫    犬


この表示付であればインターネット上への転載・コピー・無料配布が自由にできます
利用規約
Copyright c. エターナル・ライフ・ミニストリーズ www.eternal-lm.com
《天国と地獄の情報》www.tengokujigoku.info

天国での愛犬との再会

 私たちの家からあまり遠くないところで、子どもたちが草の上で遊んでいるのが見えました。彼らの真ん中に、一匹の美しい、大きな犬がいました。その犬の上で子どもたちは自由奔放に転げ回っていました。
 私たちが近づくと、そのは子どもたちから離れ、跳びはねながらやって来て私たちを迎え、私たちのすぐ足下で、うれしい歓迎のジェスチャーをいろいろして、かがんだり、じゃれたりしました。
 「彼を知っているの、おばさん?」とメイが明るく尋ねました。
 「これは、なつかしい、愛するスポートよ!」と私は叫び、かがんで彼の首の周りに両腕を掛け私の頭を彼の絹のような髪の上に載せました。
 「なつかしいわ! ここであなたといっしょになれて、私はなんて幸せなんでしょう!
犬2
 私が優しくなでると、彼は喜びの表現をいろいろして応えました。
 私たちが互いに喜んでいるのを見て、メイは大きな声で笑いました。
 「私はここでいつかスポートを見つけるのではないかしら、とよく思っていたのよ。彼は幸せな生活をするのが確かにふさわしいわ、あの地上の人生で忠実に尽くしてくれたんだから。彼の頭の良さも、彼の忠実さも、大ぜいの人間よりずっとまさっていたわ。あの人たちはもう亡くなっていると思うけど」
 「彼は、幼かったウィルおじさんのために自分の命を犠牲にしたんじゃなかったかしら?」
 「そうよ、スポートは、近づいて来る列車の前で線路を横切ろうとしたのよ。というのも、彼は列車が自分と自分の幼い主人の間を通過しようとしているのを見て、主人が危ないと思ったからよ。それでスポートの命が犠牲になったの。スポートはいつも、私たちのうちのだれかと、危険になりそうな物との間に自分を置いていたわ。
 でも、ウィルについては、自分が特別に担当している人だと思っていたみたいよ。スポートは勇敢だったわ。大切な、大切な、なつかしいスポート、あなたはもう二度と私から離れることはないのよ!」と私は言って、愛情を込めて彼をなでました。
 その時、彼は跳び上がって、うれしそうに吠えました。そして、私たちが家に帰る間も、私たちの前で、はね回ったり戯れたりしました。
 それから戸口の上り段の上で横たわり、ちらりと上を見上げ、ふさふさした尾を振りました。まるで、「ご覧ください、私はあなたのおっしゃる通りにします!」と言っているかのようでした。
 「彼は、私たちが言うどんなことばも理解できるのよ」とメイが言いました。
 「もちろん、そうよ。彼には、しゃべる能力がないだけよ。彼がそれをここで見い出せたらいいのにと思ってたわ」
 「彼は自分がしゃべれるようになることには、あまり興味がないはずよ」とメイが言いました。
 「そうでしょうね。彼の長い髪は絹のようで、なんて美しいんでしょう!」  「彼は毎日、川で水浴びをしているのよ。彼にはその跡も残っているわ。
 父なる神様は、私たちのために愛情深いケアをしてくださるのよ。その一番すばらしい証拠の一つは、地上の人生で私たちをとても幸せにしてくれたいろいろなものが、この天国の生活でもよく見つかることだと私は思うの。…」

天国で子猫と再会した女の子

 メイが言いました。「私は、幼くて美しい女の子が天国に入るのを見たことを覚えているわ。彼女は、愛情のある大きな家族から最初に天国に来た子だったわ。あとでわかったことだけど、彼女のお母さんは悲しくて、こう泣いていたそうなの。
 『ああ、天国で彼女を迎えてくれて、彼女のお世話をしてくれる人が、だれかいたらいいのに!』って。
 でも、彼女が来たら、主ご自身の御腕の中に優しく抱えられたのよ。それから少しあとで、主が座って彼女をまだ愛撫しながら話しかけておられると、とても立派なアンゴラの子猫が草の上を走って来たの。そして、跳んで彼女の腕の中に入って、そこで満ち足りたように横たわったわ。それは、その女の子が大好きな猫で、何週間か前に病気で死んで、彼女がとても悲しく思っていた猫だったの。
 彼女は、自分が大好きだった子猫だとわかって、とてもうれしそうに叫んだわ。
鳥  受け留めたその子猫が天国でも喜びを与えてくれたので、彼女は抱き締めたりキスしたりしたわ! 私たちの愛のある御父以外に、だれが、幼い子どものためにこのような慰めを思いついたでしょう?
 彼女は臆病そうな子だったのよ。でも、子どもたちが彼女の周りに集まってくると、彼女は信頼しているように見上げて、彼女の上におられる方の優しい目をのぞき込んだわ。

 そして、彼女の物を言わないペットがものすごく頭が良いことを、はにかむように話し始めたわ。天国の門の内側最後に、イエス様は、彼女が周りに集まっている幼い仲間の子どもたちといっしょにお花の中で満足そうに遊ぶままにしておられたわ。私たちのお父さまは私たちを決して忘れてはおられないし、私たち一人一人の必要に応じて私たちみんなのために楽しみや慰めを用意しておられるのよ」
(『天国の門の内側』より抜粋)




天国にいた動物たち…ロバーツ・リアドン
《 天国を訪れた
8歳の時のロバーツ 》
天国を訪れた八歳の時のロバーツ
ロバーツ・リアドン
私は天国を見た!

 イエス様と私は歩き続けました。いくつか丘を越えて行くと、さらに多くのことに気付きました。私はあらゆる種類の動物、AからZまでの考えられるすべての種類の動物を見ました。私は犬、子やぎ、力強いライオンなどを見ました。木々にはがさえずっていました。大小さまざまな大きさのが、同じ歌を歌っているように思われました。鳥たちが歌うのを止めると、自分たちの間で話をしているかのように思われました!
 遠くに別の動物も見えましたが、何かはわかりませんでした。しかし、それらの動物は、人々から逃げることも、人々に襲いかかることもしませんでした。みなおとなしく、平和でした。(ロバーツ・リアドン著『私は天国を見た!』より抜粋)

 さらに、天国を体験した伝道者J・デュプランティス氏は、「私は馬も犬も、ライオンのような大きな猫も見ました」と証言しています。
 天国には、地上で死んだ犬も猫も、さまざまな動物たちもいて永遠に幸せに過ごしています。
 あなたの愛するペットがすでに亡くなっているとしても、罪のないそのペットは今、天国にいます。
 イエス・キリストを受け入れて天国に入れていただける生活をおくっている人ならだれでも、愛するペットたちと一緒に天国で永遠に幸せに過ごすことができます。


あなたのためGood News
はあなたのために救いを用意してくださいました!
こちらをお読みください。どうすれば天国に入れてもらえるのか?

生きている今ならを赦していただき、地獄に行かず天国に入れるようになることが可能です。死んでからでは、永遠に手遅れになります。



2015年の天国訪問

オスシツェ・ムシ師 

オスシツェ・ムシ師は2010年以降、天国・地獄に幾度も案内され、多くの啓示を受けています。詳細は、天国の真実 第1集天国の真実 第2集
クリスチャンへの警告 携挙の真実を参照ください。



天国への旅立ち
オスシツェ師
 …私は、何か目を見晴らせるようなことは全く何も予期していませんでした。
 私は、主が彼の御臨在と御力で私を満たしてくださると思っていただけでした。
 ところが、主はそれ以外のことを思っておられました。
 祈りの後、私は眠りに就きました。真夜中に私は目を覚まし、それから、…

 聖霊の御力が突然私の上に臨まれ、私を満たし、私を力づけました。
 私は、私の霊が体から離れるのを感じました。
 私は上方へ連れ去られました。
 以前、私が天国を訪れるべく高速で連れ去られたことは何度もありましたが、この時ほどの信じられないような速さで旅をしたことは一度もありませんでした。
 私は、私の霊の体が、風に運ばれる一枚の羽根のようにとても軽いのを感じました。
 これは、霊が体から離れる体験でした。
 聖霊が私の霊を天国へと運ばれる時、『フゥーーーーシュ』という大きな音が聞こえました。
 私は、私の霊の体の顔などに、風の涼しい冷気を感じました。
 私は上向きで飛んでいました。私はとても軽く、少し透明に見えました。
 私には依然として感覚がありました。事実、それはいっそう高められていました。
 それから私はいくつものを見ました。
 それらの雲は横に分かれたり、別の方向に離れたりしました。
 以前は雲を通り抜けたことがありましたが、今回はそうではありませんでした。 …


パラダイスの中

 しばらくして、私たちは神の領域に入りました。
 そこには、穏やかな風と光の輝きとがありました。
 それから、美しい天上の星々が見えました。それらは水晶のように透き通っていました。
 こう告げる声が聞こえました。
 「ここは第三の天です」(新約聖書 第二コリント12・1〜4参照)
 私たちはそこに近づいて行き、その中に入りました。
 私たちが初めに着いたのは、この圧倒するばかりの、見事なパラダイスの中でした。
 この時も、私が以前そこを訪れた時と、よく似ていました。
 私は、以前に自分がいた場所を思い出しました。
 私は、金色のように見える色の植物や、真緑色の植物を見ました。黄色や赤色の植物もです。
 木々は緑色で直立しており、色の混ざったものもありました。
 背丈の高い草、美しい花々もありました。
 この場所は神の光で満ちていて、信じられないような光景でした。…


命の川

 水晶のような命の川がパラダイスを流れているのが見えました。
 私はその大気の中で飛んでいましたが、それを見た時、もっと低い所を飛び始めました。
 その後、私の両足は、その川の上にありました。
 水の動きが見えましたが、私は全く濡れませんでした。
 天国で人々は水の上を歩くことも、泳いで川を渡ることもできます。
 この川は神の御座から、パラダイスの中へ流れています。


天国で見た黒人男性

 私は、ハンサムな若い黒人を見ました。(天国では、だれもが若くて、健康で、たくましく見えます)
 彼は白い長服を着ていました。彼はパラダイスを歩いて通っていました。
 私は彼と話すこともしませんでした。私が彼を見た時、聖霊は私に、彼がだれであるかを告げられました。
 聖霊が私に啓示されたことの一つですが、その黒人は、かつては熱心なラスタファリアン(エチオピアの旧皇帝ハイレ・セラシエ一世を黒人の救世主とし、アフリカ回帰を唱える)でした。
 彼はその後の人生で、悔い改めてイエス・キリストに命を献げ、彼のために生きました。
 そして彼は死に、天国に案内されました。
 彼はとても幸せそうでした。彼はその川べりを歩いて、パラダイスの南へと向かっていました。
 私は、「ワゥ」と声に出しました。
 主が私にこのことを見せてくださったのは、ある目的のためでした。


天国で会った聖徒たち

 天国では、物事が超自然的にわかります(啓示による知識)。
 私の以前の訪問や幻で、私は天国にいる人々を初めて見ても、彼らがだれであるかを正確に知りました。私は地上で彼らと一度も会ったことがなかったのに、です。
 私が見た聖徒たちは、アブラハム、ヨセフ、私たちの主なるイエス様の母マリア、使徒パウロ、エリヤ、エノク、愛する弟子ヨハネ、ペテロ、ダニエル、サムエル、族長たち、子羊の使徒たち、聖書の有名な人たちや偉大な聖徒たちなどです。
 聖霊はその超自然的な知識を私の霊に分与してくださり、この人が○○ですと言われるのです。


子どもたちと女性のインストラクター

 私は金の道の上を飛んでいました。
 それから、地上のあらゆる人種から成る幼い子どもたちのグループが見えました。
 彼らは小さな白い長服を身に着けていました。
 彼らはとても幸せそうで、微笑んでいました。彼らの中で、笑い声が聞こえました。
 彼らには一人のインストラクターがいました。女性の存在者でした。
 子どもたちのインストラクターたちは、母親のような聖徒たちと女性の天使たちで構成されています。
 私はこう言いました。
 「ワゥ、幼い子どもたちだ」
 私が啓示によって知っているのは、彼らの中には、地上での中絶手術のために死んだ子どもたちもいれば、それ以外のさまざまな原因で死んだ子どもたちもいることです。
 彼らは天国に来ると、成長していき、神についての知識を教わります。…

 それから私はイエス・キリストとお会いしました。彼は歩いておられました。
 彼の髪は金色で、彼の両肩にまで流れており、美しい髪でした。
 彼の長服は白くて、優雅に彼の上に掛かっていました。
 それは最上の長服で、とても白く、あらゆる意味できちんとしていて完璧でした。
 その方こそ、私のたましいの愛して慕う方であられました。
 私は彼といっしょにしばらく歩きました。


「彼らに告げなさい、…」 イエス・キリストからのメッセージ

 主はこう言われました。
 「行って、人に告げなさい、もし彼が本当に悔い改め、彼の罪深い生き方から立ち返り、私のもとに来るなら、私は彼を赦し、彼を受け入れ、以前の彼の生活がどんなに罪深いものであっても彼を義とします。
 人に告げなさい、私は彼に新しい命を与えたいと望んでいることを。

 私を自分の生活の中心とした人々、私の前にまっすぐに歩んでいて、行うすべてのことで私を喜ばせている人々に告げなさい、彼らの地上の旅路が終わる時、私は彼らを連れてくるために私の聖なる天使たちを送り、そうして彼らは私がいるこの場所で私といっしょに生きることができるようになる、と。

 彼らに告げなさい、義なる生活をおくり良い行いをすることに疲れてはならない、と。
 彼らに告げなさい、この曲がった世代のただ中でとして生きるべきことを。
 彼らに告げなさい、彼らは自分の報いを失うことは決してない、と。
 彼らの報いは天国において私とともにあります。……(略)」


 私は、紙上に表現することのできない、信じられないような存在者たちや物を見ました。
 私はそれらをどう描写すればよいか、わかりません。
 主は私にいくつかのことについて語られました。
 私が立って、東のほうに目を向けると、果てしなく広大な被造物、野原、ジャングル、あらゆる種類の動物のいる森などが見えました。


天国の邸宅・目を見張るような美しい光景

 それから突然、私は風のように別の局面に案内されました。そこで私は、の一部を見ました。
 大きな、広々とした数々の邸宅が見えました。
 配列は完璧で、それらの邸宅には宝石がちりばめられていました。
 水晶でできているような邸宅もありました。それらは完全に透き通っているように見えました。
 輝きのあるガラスの邸宅もありました。長方形の邸宅もありました。
 それら邸宅のてっぺん、あるいは屋根は、びっくりするようなものでした。
 長い列に連結されている邸宅もありました。
 さまざまな大きさと形とデザインの家や邸宅や建物がありました。
 それらの邸宅は荘厳なものでした。
 私は、その裏庭を歩きました。それらの邸宅の周囲には壁は全くありませんでした。
 その代わりに、花や美しい草木の庭園がありました。
 その花々は、だれも手入れしなくても自ずと育っているように見えました。
 それらのものを妨害するものは何もないようでした。それらは完璧でした。
 私が見たほとんどの邸宅は、未入居でした。また、大ぜいの人が同居できるようにデザインされた邸宅もありました。私はさまざまな邸宅を見ました。
 透き通った緑色の宝石のように見える一軒の邸宅がありました。ソフトな緑色の光でした。
 それは、目を見張るような美しい光景でした。
 いたるところに、美しい道、光、さまざまな色が存在しました。…



天国での感激の再会
…私は喜びで胸がどきどきするような思いで、あたりを見回しました。すると、その瞬間、私は大ぜいの群衆がいるのに気付きました。彼らは、輝きのある華麗な門の前に立っていました。…




地獄は本当にあります!2
アンジェリカ・ザンブラーノの体験

地獄は本当にあります、 作り話ではありません!

アンジェリカ・ザンブラーノ
…私があなたにその場所を見せようとしているのは、地獄が実在することを知らない人々が大ぜいおり、彼らは恐れていないからです。
 彼らは、それはゲームのようなものであり、地獄は冗談事だと信じています。
 そして、そのことについて知らない人が大ぜいいます。
 だから私はあなたにその場所を見せようとしているのです。…
 …私たちはトンネルの端に着きました。私が下方に目を向けると、炎で覆われた深淵が見えました。
 それから私たちはその深淵の中へ下り始めました!
 私は悲鳴を上げて泣き出しました。……
もっと読む   



天国地獄…世界の聖徒たちの証言

1「見なさい、そういう偶像は彼女を救うことができなかったのです
2韓国人少女の見た天国地獄
3不品行をしたために、地獄にいた人
4地獄にいた売春婦・同性愛者
5ドイツ人女性が見た地獄の恐怖
6私は罪人死後の出来事を見た
7自己殺害者…自殺して地獄に来た人
8聖書のどのことば真実です!
9薬物常習者2回地獄体験
10不信者たちは地獄に直行します
11世界中の病院で死んでいる人々に起きていること
12「彼らが歩いて向かっている先地獄であることを告げなさい」
13「イエス様は、『悔い改める時はです』と言われました」
14唯一最後チャンスを逃した人
15地獄嘆願している人々を見た



《メアリー・K・バクスターの地獄体験》
(「地獄についての神の啓示」「天国と地獄」)

メアリー・バクスター
抜粋を音声で聞く( MP3)
体験A(7分)   B(9分)   C(9分)


天国地獄の証言 日本 フランス アメリカ ボツワナ

1不信心息子の恐るべき死
2地獄に引かれて行った中国人の少年
3イエス・キリストを拒んで暗いトンネルを通って地獄へ行った男
4地獄行きの「暗いトンネル」
5トンネル内に潜む悪霊・恐怖の世界
6偽造された「故人・家族」
7偽造された「自分とそっくりの人間」
8本当の天国と偽物の「天国」(花畑
9臨死体験で演じられている「芝居
10本物の地獄の恐怖
11悪霊どもによる本物の拷問
12死に物狂いの動き」をしていた人々
13火の池の中の体験!
14聖なる都・キリストと大ぜいの聖徒たちの幻
152015年の天国訪問
162015年の地獄訪問
17が救いの日!




神様は私たちを深く愛しておられます!

 神様は私たちを深く愛しておられます!
 人間は死んでから無に帰するのではなく、天国地獄永遠に生き続けます。
 罪があるままでは、100パーセント確実に地獄に行き、永遠に苦しみ続けることになります!
 神様は私たちが天国に入れるようになることを望んでおられます。
 ただし、天国に入れていただくためには、条件があります。
 ホームページ天国地獄情報は、天国地獄や霊的世界を体験した世界中の人々の証言を紹介し、私たちがその条件を知って、天国に入れるようになるために開かれています。
どうぞ、これら一つ一つの体験や証言をお読みくださり、お聞き下さい。
 神様は、私たちにこう語っておられます!

 「私はあなたがたが地獄に行くことを望んではいません。私は、私自身の喜びのため、またいつまでも続く交わりのために、あなたがたを造りました。
 あなたがたは私が創造したものであり、私はあなたがたを愛しています。
 私が近くにいる間に私を呼び求めなさい。そうすれば、私は聞いてあなたがたに答えましょう。私はあなたがたを赦して祝福したいと願っています」



2015年の地獄訪問

オスシツェ・ムシ師 ボツワナ

私は地獄に案内された!

オスシツェ・ムシ
 今朝の午前3時、主は私を地獄に案内されました。
 私の霊の目は開かれており、私は滅びたたましいたちの領域に案内されました。
 私は、地獄がさまざまな部門やレベルに配列されているのを見ました。
 私は最初に、赤くて熱いマグマ、液体の火を見ました。
 そこで私は、熱い火が渦巻き状に動いているのを見ました。
 まるで、その底に、その火をあおいでいる何かが存在するかのようでした。
 それが回転すればするほど、ますます熱くなりました。
 人々はその恐怖で悲鳴を上げていました
 私は、それが非常に熱いとわかり、それに近づきたくありませんでした。
地獄の火  私は別の場所を見ました。
 燃えている大きな炎が見え、闇の中で、おびただしい数の人々悲鳴を上げているのが聞こえました。
 そこには火と暗闇が存在しました。
 最初、私が聞いたのは、叫び声や、泣き声や、うめき声でした。
 ところが、それらの声がどこから聞こえてくるのか、私には見えず、わかりませんでした。
 しかし、どういわけか、私はのぞき込んで見ることができたのです。

 地獄のある一つの場所で、私がいっしょに学校に通ったことのある人を私は見ました。
 その人は、私の名前を呼んで叫んでいました。
 あたりに他の人々もいましたが、だれなのかは見分けがつきませんでした。
 彼らも、それぞれ自分なりの拷問に捕らえられており、空中に手を投げ出し体は焼かれていました

だまされている人々

 主はこう言われました。
 「死んでから地獄にいる自分を見出すことになる人々が大ぜいいます。…
 この人々は、本当はそうでないのに、自分は私と正しい関係にあると考えるよう、だまされています
 行って、彼らに警告しなさい。
 私は彼らが心を尽くして私につき従い、私を彼らの生活の中心とすることを望んでいます。
 彼らは、私を彼らの人生のとしなければなりません。
 私が何らかのことについて彼らに警告する時、彼らは従わなければなりません。
 私は、私の御霊により、彼らの心の内で、彼らに語ります。
 また、彼らを矯正するために私の聖徒たちを送ることもあります。
 この世への愛と、多くのたましいを誘惑するためにサタンが形作った娯楽産業とのために、多くのたましいがこの場所に行き着いています。
 行って、彼らに告げなさい、私をも世をも愛することは、だれ一人できないことを。
 彼らは選ばなければなりません」…


地獄にいた、あらゆる種類の人々!

 この場所には、あらゆる種類の悪霊どもと拷問が存在しました。
 私は、悪霊どもが人々をあざけったり、彼らを突き刺したり、目をえぐり出したりしているのを見ました。
 人々は死ぬほど叫んでいました。
 あらゆる種類の恐ろしい拷問がありました。
 …悪霊どもは彼らの上に跳び乗り、彼らを突き刺し、彼らの肉を引き裂きました。
 私は泣いており、私の顔を隠そうとしながら、こう言いました。

 「私はこれを見ることができません! 私はこれを見ることができません!」

 頭を切断された人々もいました。
 地獄には、多くの場所に、さまざまな仕方で死んだ、あらゆる種類のたましいが存在しました。

 彼らは、さまざまなの中で死に、そして、多くの仕方で拷問を受けていました。
 老人も若者もいました。病気で死んだ人々も、健康なままで死んだ人々もいました。
 白人もいれば、黒人もいました。買い物をしていた時に死んだ人々、事故で死んだ人々、テロリストに襲われて死んだ人々、神秘的な死に方をした人々、誘拐されて儀式でいけにえにされて死んだ人々、病院のベッドで死んだ人々などもいました。彼らは不信者たちでした。…
 そういう人々はみな拷問で苦しみを受けており、あの火の炎や、悪霊どもや、地獄のさまざまな拷問を逃れることはできませんでした。
 地獄は非常に広大であり、人々で満ちています
 自分の心の中に偶像を持っていた人々のいる場所も存在します。彼らは、神以上に、神以外のものを愛して崇拝し、それらのものが彼ら自身の偽の神々となっていたのです。(出エジプト記34・14)

 偶像礼拝する人々が天の御国を相続することはありません。

 性的な罪、淫行、姦淫、売春、レイプ、同性愛、情欲などに関わっていた人々のための場所も存在します…
 酒飲みたちのための場所、殺人者、白人たち、インディアンたち、黒人たち、よく知られた人々・有名な人々、金持ち・貧乏な人々のための場所も存在します。

新しく生まれ変わって正しい生活をすること

 主は私にこう言われました。
 「あなたにこのことを語っておきましょう。
 『あまりにも金持ちであるために、あまりにも有名であるために、地獄に行くことはあり得ない』という人は、一人もいません
 新しく生まれ変わって正しい生活をしているのでなければ、その人が地上でどういう社会的ステータスを持っていようと、最後は地獄に行き着くことになります」

 私は『マグマ』のようなものの上方を漂っていました。
 「ああ、これは恐ろしい!」と私は泣き叫んでいました。
 私は主に、「私はあれを見たくありません」と言っていました。
 たましいたちは、炎の中で、また悪霊どもにより、拷問で苦しめられていました。
 私は自分の両手で私の目を覆おうとしました。

 主はこう言われました。
 「あなたはこれを見て、この場所のことを人類に警告する必要があります」

 どうか、地獄に行かないでください。
 きょう、あなたの罪を悔い改めて、聖い生活をしてください。 …



 人間が死ぬ時、その人が真のクリスチャンの場合と、それ以外の人の場合とで、そのようすも行き先も全く異なります
 神の真の子どもであるクリスチャンが死ぬ時、その人の霊は体から離れ、神の御使い(天使)たちに護衛されて天国へ行きます。
 けれども、真のクリスチャン以外の人々が死んだ場合は、全く異なります。彼らに悪霊どもが現れ、地獄へと彼らのたましいを引きずり下ろして行きます。

 前者の人々は、現在も、そしてこれからも永遠に、天国でこのうえなく幸せな至福の中にいます。
 後者の人々は、地獄でこのうえなく苦しくてつらい拷問を受けており、やがて燃えさかる火の池の中永遠を過ごすことになります。
 地獄における永遠の滅びではなく、天国における永遠の命と幸いを選択しようではないでしょうか。


が救いの日

 聖書はこう警告しています。
 
私たちは…あなたがたが神の恵みをむだに受けないよう勧告します。
 なぜなら、彼()はこう言われるからです。
 『私は、受け入れられる時に、あなたに聞き、救いの日に、あなたを助けた』
 見よ、喜んで受け入れられる時、  見よ、救いの日なのです
(第二コリント6・1、2) 

(イエス・キリストによる救いについては、地獄に行かず、天国に行く方法をお読みください)

神はあなたを深く愛しておられます!

 神はあなたを深く愛しておられます!
 人間は死んでから無に帰するのではなく、天国か地獄永遠に生き続けます

 罪があるままでは、100パーセント確実に地獄に行き、
 永遠に苦しみ続けることになります!


 もちろん、神はあなたが天国に入れるようになることを望んでおられます。
 イエス・キリストは、あなたにこう語っておられます!
 
 「私はあなたがたが地獄に行くことを望んではいません。
 私は、私自身の喜びのため、またいつまでも続く交わりのために、あなたがたを造りました。
 あなたがたは私が創造したものであり、私はあなたがたを愛しています。
 私が近くにいる間に私を呼び求めなさい。
 そうすれば、私は聞いてあなたがたに答えましょう。
 私はあなたがたを赦して祝福したいと願っています」

こちらを順にお読み下さい。
 1.神様はどのようなお方か? 2.罪とは何か? 3.どうすれば天国に入れてもらえるのか?


死の床での証言集(PDFファイル

ページの上へ↑
……
こちらもお読みください。
地獄での23分 地獄で焼かれていた兄弟と友人たち スキューバ・ダイバーの体験 サタンにだまされた16歳の少年 福音をばかにした男の結末 私は地獄の中を歩いた! 神を拒んだ老婦人 ガーナの少年が目撃した最後の審判 地獄に行きかけた無神論者! 本物の地獄体験・サタンの偽体験 天国での感激の再会! 私は天国でペットと再会した!



あなたのためGood News
はあなたのために救いを用意してくださいました!
こちらをお読みください。どうすれば天国に入れてもらえるのか?

生きている今ならを赦していただき、地獄に行かず天国に入れるようになることが可能です。死んでからでは、永遠に手遅れになります。


無料プレゼント
2冊の本進呈! 
初めての方限定)
無料プレゼント!! 
詳細は→ こちらをクリック
私は天国を見た! 天国を訪れた八歳の時のロバーツ
私は地獄に行った ケネス・E・ヘーゲン





自殺して地獄に行った15歳の少女
自殺者たちの証言・聖書の証言

天国地獄情報
天国地獄体験証言の本
新約聖書
エターナル・ライフ・ミニストリーズ






copyright c. www.tengokujigoku.info Counter