臨死体験者たちが見出していること
本物の「地獄」体験と、サタンによる偽物の「光」体験… モーリス・ローリングズ



このページの内容の詳細は
こちらをお読みください。

天国と地獄の現実
天国と地獄の現実

臨死体験再現ビデオ  PDFファイル

モーリス・ローリングズ医師は、ジョージ・ワシントン大学医学校を優等で卒業し、現在、アメリカ・テネシー州チャタヌーガの診断センターの心臓血管専門医です。
 彼はドイツ・フランクフルトにある第九十七総合病院の心臓病学のチーフにもなりました。  彼は、アメリカ国防総省の統合参謀本部における医師に昇格され、数々の将軍や、大統領となる前のドワィト・アイゼンハワーらの担当医となりました。
 ローリングズ氏はチャタヌーガのテネシー大学医学部の准教授でもあり、臨死体験に関する数々の本も著しています)

……

突然死んだ47歳の男性

 以前、私はある患者の蘇生手術に関わりました。彼は、運動することで胸痛をわずらう人でしたが、その胸痛を病院で再現させようとしていた時に亡くなりました。その経験によって、私たち二人の人生が一変したのです。
 その男性は四十七歳の郵便配達人であり、病院の踏み車の上で運動を行なっていました。私たちは、その運動により、彼が家庭で運動中に起こると言っていた胸痛が再現されることを予想していました。
 ところが、その胸痛が起こる代わりに、心電計は突然動かなくなり、彼はばったり倒れて死んだのです。彼の体は、動き続けている踏み車から投げ飛ばされました。私は外部から心臓部を圧迫し、看護婦たちは呼吸器具を用意しました。
《 チャールズ・マケイグ 》
 ところが、その患者はこう言い続けたのです。
 「ドクター、止めないでください!」
 私が止めて何かに手を伸ばそうとするたびに、彼は、
「私はまた地獄にいる!」と悲鳴を上げたのです。
 ほとんどの患者は、「手を放してください。私の肋骨が折れそうです」と言います。それで私は、何かがおかしいとわかったのです。
 私たちは、その床の上で彼の鎖骨静脈の下にペースメーカーを取り付けなければなりませんでした。彼は身もだえしており、血がいたるところにほとばしり出ていました。
 私は圧迫を続けながら、彼に、しゃべるのをやめて、彼の「地獄」の話で私をわずらわせないでくれと言いました。私は彼の命を助けようと努力しているのに、彼は死に際に経験しているおぞましい悪夢のことを私に話そうとしていたのです。
 それから彼が私に願ったことは、無神論者である私にとってこの上ない侮辱となることでした。彼はこう言ったのです。
 「ドクター、私のために祈ってください」
 私は彼に、「あなたは頭がおかしくなっている、私は牧師じゃないんだ」と言いました。
 ふたたび彼は私に祈ってくれと言いました。看護婦たちは期待感をもって私を見つめており、「あなたはそうしなければなりません。死のうとしている人のお願いなんですから」という表情をしていました。
 それで私は、そうしたのです。私は、「信じさせる」祈りを取り繕いました。無意味なことでした。私はただ彼のことを済ませてしまいたかっただけなのです。
 それで私は彼に、「私の後について言いなさい」と言いました。私は困惑しながら、こう言いました。
 「私は、イエス・キリストが神の御子であると信じます。後について、そう言いなさい。
 どうか私を地獄から出してください。そう言いなさい!
 そして、もし私が生きるなら、私は確かに、いつまでもあなたのものとなります」
 私がその箇所をよく覚えているのは、彼がそれ以来ずっと「確かに」そうなっているからです。
 私たちがペースメーカーを調節しようとして心臓マッサージを中断するたびに、彼は地獄に戻っていて悲鳴を上げたのです。そして彼は体を引きつらせ、青ざめ、呼吸が止まり、心臓は鼓動をストップしたのです。
 そして、私はふたたび心臓マッサージをして、ふたたび彼を蘇生させることをしました。私がやめるたびに、彼は地獄に戻っていたのです。
 しかし、私がその祈りを言ってからまもなく、身もだえは全くしなくなり、もう闘うことはしなくなりました。彼は落ち着いていました。

天国での母親との再会

 翌日、私はまだ依然として大いに疑問を抱いていましたが、彼に、地獄にいることについて私に話してほしいと言いました。私は彼に、看護婦たちはおびえて死んでしまいそうなくらいだったことや、私もびっくり仰天したことを話しました。
 彼はこう言いました。
 「地獄ですって? あなたが言われたあの祈りの後、私が覚えているのは、生きていた時の母と会ったことです。といっても、私が三歳の時に母は亡くなりましたが」
 不可能なことです! 彼のおばが翌日に持参した写真のアルバムから、彼は自分の母親を当てました。しかし、彼は現実には母親と一度も会ったことがなかったのです。
 彼は母親の服装から彼女を当てました。彼は天国で彼女と会っていたのです。
 起こったことは、次のことのようです。すなわち、彼はあの地獄の体験を、彼の記憶の中の苦痛ではない部分へと昇華させていたのです。そして、回心の後、彼は天国の体験をしたのです。
 私がその男性の機嫌をとるために祈った、あの「ばかげた」祈りは、彼を回心させただけでなく、私をもそうさせたのです。私たちは二人とも新生したクリスチャンになったのです。

地獄を体験している人々

 この体験をするよりずっと前から、私は「回復」方法を専門にしており、アメリカ心臓学協会に属する者として、突然死からの回復行為のやり方について世界中の医学校で教えていました。患者が「ずたずた」の死の状態であっても人々がやり方を知っていれば、そういう臨床的に死んでいる人々のうちの五十パーセントは、ふたたび蘇生させることができます。心肺機能蘇生法、すなわち、CPRについての教えは、1973年以来行われており、どんどん進歩しています。
 問題なのは、「臨死体験」(NDE)という用語が、あらゆる種類の体験を入れるゴミ箱のようなものとなっていることです。中には、明るい光を体験していても全く「死」とはちがうものもあります。私たちは、心臓と呼吸が停止する臨床的死にだけ限定して調査し、その一連の出来事を分析しようと努めています。
 最初に死ぬ組織は、脳です。なぜなら、それは血液の流れに最も敏感だからです。四分間を限度に、脳細胞の中で組織の死が起こり始めます。CPR(心肺機能蘇生)をしないと、ふつうは十分間で脳に障害が生じます。
 例外もあります。オレゴン州での回復事例があります。ある男性が凍った水の中に四十五分間浸かりましたが、回復に成功し、後遺症も全くありませんでした。
 私が臨死体験というテーマを研究するようになってわかったのは、私たちがなんとか回復させた最初の二百の事例のうち、およそ十八パーセントは「地獄」の事例であり、そのパーセンテージは、それ以後、多くなっているということです。現在は、さらに多くの人々が情報を収集しており、地獄を体験した事例として報告されているものは今や三十六パーセントになっており、五十パーセントに近づいています。
 地獄の出来事を体験した多くの人々は、その恐怖ゆえに、自分の意識からそれを事実上遮断しています。思い起こされた時、地獄の炎のことで悲鳴を上げることもあります。
 ヒューストンのある映画俳優の体験について私は知っています。彼の大動脈弁(心臓弁)を治療していた時、彼は地獄についての体験をしました。彼は自分の周囲がすべて炎であるのを見、ある黒い姿が近づいて来るのを見ました。
 彼女は彼に、いっしょに加わるようにと手招きしました。彼が彼女にだれですかと尋ねると、彼女は、「私は死の使いから送られた者だ」と言いました。彼女は地獄の広間にいました。彼は、自分は彼女について行くつもりはないと言いました。この出来事で、彼の生活がすべて一変しました。
 地獄についての臨死体験をした大ぜいの人が火の池を見ている一方で、暗闇だけ見ている人々もいます。
 その後者の一人は、大学でフットボールを観戦していた医師でした。目を見張らせる走りで彼はとても興奮し、ばったり倒れて死にました。そのスタジアムのかかりつけの救急隊員が彼の手当をしました。
 彼は「死んで」いた間、「私は地獄の中にいる!」と悲鳴を上げ続けました。彼の妻がベッドのそばでひざまずき、彼がそこから抜け出せるよう祈っていました。この体験が文字通り、「恐怖で彼を地獄から抜け出させた」(びっくり仰天した)ため、彼はクリスチャンになりました。

サタンによる偽物の「光」体験

 臨死体験をし、自分は天国にいたのだと信じている人で、イエス様を信じてはいない人々が大ぜいいます。彼らが最初に死んで自分の体から抜け出る時、トンネルの端で目撃する「光の天使」が、彼らを無条件的に歓迎しているようです。彼らがそれまでどんなことをしてきても、です。聖書学者たちが述べているように、サタンは光の天使のように現れて大ぜいの人をだますことができるのです。※
 ※「なぜなら、サタン自身、光の使いに変装しているからです」(新約聖書 第2コリント11・14)
 ですから私は、「彼らはだれの光を目撃したのだろうか?」と自問するのです。
 ある駐車場で二人の人を殺した男が捕まり、胸に三発の銃弾を受けました。それから、彼はこの「すばらしい」光の体験をしたのです。
 しかし、蘇生した後、彼は私に、「神は忘れっぽい神なのかね?」と尋ねたのです。というのも、その光の使いはそもそも神の御使いではなかったからです。この男自身が、自分の体験としてふさわしいことであることを疑ったのです。
 他方、十字架に付けられたキリストの光を見て、それが彼らの信仰を確証するのに役立っており、しばしば彼らの人生で最高の瞬間となっている人々もいます。彼らは死ぬ時に自分に何が起こることになるか、今や知っているのです。
 私は、「光」の体験の多くはサタンの計画的な惑わしであって、サタンは人々に、「天国の門はだれにでも開かれているのだ」と思わせたいのだ、と信じています。臨死体験から、「オメガ・フェイス」と呼ばれる宗教を作り出した人々もいます。これは、その霊を吟味せず、自分が出会った光がどういう光なのかをよく調べていない一例です。

さまざまな臨死体験

 だれでも、自分が死ぬ時に何が起こるのかを知りたいと思っています。そして、死後にも命があることを、臨死体験のある1100万人の人々が主張しています。臨床的死を経験した人々は、死の瞬間は全く苦痛を経験しなかったと言っています。彼らは肉体から抜け出したにすぎません。悪い体験をした人々は、自分は死ぬのがこわいと言っています。彼らは自分が見た地獄を恐れているのです。
 ある盲人の事例があります。彼は臨死体験の間、目は完璧に良く見ることができました。また、死の経験から戻った後、彼は、だれが存在していたか、彼らは何をしていたか、さらに、彼らは何を着ていたかを思い出すこともできました。ただし、彼は自分の肉体にふたたび戻ると、盲目の状態に戻りました。
 「この世からあの世へトンネルか何かを通って入り、光線あるいは光の天使を見た」と報告する人々もいます。交通事故を経験した人々が、車が衝突する前に自分の人生が概観された次第を説明することがよくあります。一瞬のうちに丸一日のことが概観されるのは、可能だったようです。
 彼らは、それから次の世界に進んで行き、そこで、すでに亡くなっている友人たちなどと出会っています。そして、美しいエデンの園で腕を組んで散歩したり、真珠のような白い門や、金の道を見たりし、越えられない障壁に出会ったりするようすを描写しています。その理由が、かなたでは裁きがあり、こちら側では「選り分け」がなされるためなのかどうか私は知りませんが、たいてい、その障壁のところで彼らは苦痛のこの世に連れ戻されます。
 この世では、私たちが彼らの胸部を圧迫して肋骨を折ったり、電気ショックを与えたりしているのです。私たちが何を行なっているにせよ、この世は苦痛の存在する世界であり、彼らがすばらしい体験をしていたのであれば、この世には戻りたくなかったために憤慨するのです。
 以上が、この臨死体験の一連の出来事なのです。臨死体験をした人はだれも、これととても似た経験をしたのです。酸素不足になればこれを再現できるというわけではありません。麻薬がこれを再現できるというわけでもありません。血中の二酸化炭素濃度が高ければできるというわけでもありません。ほかのどんなものでも可能ではありません。
 地獄の体験をした人々には、共通点もあります。一連の出来事がとても速いのです。ただちに地獄の穴の中に進む人たちもいます。
 蘇生した人々のうち、六十パーセントの人々は何の体験もしていません。つまり、四十パーセントの人々だけが臨死体験をしています。もし、その人が新生しているクリスチャンなら、彼らは自分の夢がかなったのです。彼らは十字架にかけられたキリストと会っています。そして、彼らは何らかの仕方で、その光の存在者が神の御子イエス・キリストだとわかるのです。




臨死体験と、悪霊の「芝居
日本 フランス アメリカ



 人間が死ぬ時、その人が真のクリスチャンである場合と、それ以外の人の場合とで、そのようすも行き先も全く異なります。
 神の真の子どもであるクリスチャンが死ぬ時、その人の霊は体から離れ、神の御使い(天使)たちに護衛されて天国へ行きます。 天国に行った人々・地獄に行った人々
 他方、罪人が悔い改めないままで死ぬ場合は、彼らに悪霊どもが現れ、地獄へと彼らのたましいを引きずり下ろして行きます。 (詳細は→天国に行った人々・地獄に行った人々参照)

 ところが、臨死体験で、「花畑」や「亡くなった家族や親戚」などを見たという事例があります。
 そういう臨死体験をした結果、「自分は天国の『花畑』を見た」、「自分は死後に天国に行けるとわかった」、「死は怖くないとわかった」、「死の恐怖がなくなった…」などの感想を述べる体験者たちもいます。
 けれども、それらは誤解錯覚です。本当は、非常に恐ろしい世界を体験しています。 悪魔による偽造物
 臨死体験の真実と悪魔の偽造行為についての詳細は、悪魔による偽造物を参照ください。


臨死体験と、悪霊の「芝居 《 目次 》 
1 地獄行きの「暗いトンネル
2 トンネル内に潜む悪霊・恐怖の世界
3 偽造された「故人・家族
4 偽造された「自分とそっくりの人間
5 本当の天国と偽物の「天国」(花畑
6 臨死体験で演じられている「芝居」
7 本物の地獄の恐怖
8 悪霊どもによる本物の拷問
9 死に物狂いの動き」をしていた人々
10 火の池の中の体験!



地獄は本当にあります!2
アンジェリカ・ザンブラーノの体験

地獄は本当にあります、 作り話ではありません!

アンジェリカ・ザンブラーノ
…私があなたにその場所を見せようとしているのは、地獄が実在することを知らない人々が大ぜいおり、彼らは恐れていないからです。
 彼らは、それはゲームのようなものであり、地獄は冗談事だと信じています。
 そして、そのことについて知らない人が大ぜいいます。
 だから私はあなたにその場所を見せようとしているのです。…
 …私たちはトンネルの端に着きました。私が下方に目を向けると、炎で覆われた深淵が見えました。
 それから私たちはその深淵の中へ下り始めました!
 私は悲鳴を上げて泣き出しました。……
もっと読む   



天国地獄…世界の聖徒たちの証言

1「見なさい、そういう偶像は彼女を救うことができなかったのです
2韓国人少女の見た天国地獄
3不品行をしたために、地獄にいた人
4地獄にいた売春婦・同性愛者
5ドイツ人女性が見た地獄の恐怖
6私は罪人死後の出来事を見た
7自己殺害者…自殺して地獄に来た人
8聖書のどのことば真実です!
9薬物常習者2回地獄体験
10不信者たちは地獄に直行します
11世界中の病院で死んでいる人々に起きていること
12「彼らが歩いて向かっている先地獄であることを告げなさい」
13「イエス様は、『悔い改める時はです』と言われました」
14唯一最後チャンスを逃した人
15地獄嘆願している人々を見た



《メアリー・K・バクスターの地獄体験》
(「地獄についての神の啓示」「天国と地獄」)

メアリー・バクスター
抜粋を音声で聞く( MP3)
体験A(7分)   B(9分)   C(9分)


天国地獄の証言 日本 フランス アメリカ ボツワナ

1不信心息子の恐るべき死
2地獄に引かれて行った中国人の少年
3イエス・キリストを拒んで暗いトンネルを通って地獄へ行った男
4地獄行きの「暗いトンネル」
5トンネル内に潜む悪霊・恐怖の世界
6偽造された「故人・家族」
7偽造された「自分とそっくりの人間」
8本当の天国と偽物の「天国」(花畑
9臨死体験で演じられている「芝居
10本物の地獄の恐怖
11悪霊どもによる本物の拷問
12死に物狂いの動き」をしていた人々
13火の池の中の体験!
14聖なる都・キリストと大ぜいの聖徒たちの幻
152015年の天国訪問
162015年の地獄訪問
17が救いの日!




神様は私たちを深く愛しておられます!

 神様は私たちを深く愛しておられます!
 人間は死んでから無に帰するのではなく、天国地獄永遠に生き続けます。
 罪があるままでは、100パーセント確実に地獄に行き、永遠に苦しみ続けることになります!
 神様は私たちが天国に入れるようになることを望んでおられます。
 ただし、天国に入れていただくためには、条件があります。
 ホームページ天国地獄情報は、天国地獄や霊的世界を体験した世界中の人々の証言を紹介し、私たちがその条件を知って、天国に入れるようになるために開かれています。
どうぞ、これら一つ一つの体験や証言をお読みくださり、お聞き下さい。
 神様は、私たちにこう語っておられます!

 「私はあなたがたが地獄に行くことを望んではいません。私は、私自身の喜びのため、またいつまでも続く交わりのために、あなたがたを造りました。
 あなたがたは私が創造したものであり、私はあなたがたを愛しています。
 私が近くにいる間に私を呼び求めなさい。そうすれば、私は聞いてあなたがたに答えましょう。私はあなたがたを赦して祝福したいと願っています」


2015年の地獄訪問

オスシツェ・ムシ師 ボツワナ

私は地獄に案内された!

オスシツェ・ムシ
 今朝の午前3時、主は私を地獄に案内されました。
 私の霊の目は開かれており、私は滅びたたましいたちの領域に案内されました。
 私は、地獄がさまざまな部門やレベルに配列されているのを見ました。
 私は最初に、赤くて熱いマグマ、液体の火を見ました。
 そこで私は、熱い火が渦巻き状に動いているのを見ました。
 まるで、その底に、その火をあおいでいる何かが存在するかのようでした。
 それが回転すればするほど、ますます熱くなりました。
 人々はその恐怖で悲鳴を上げていました
 私は、それが非常に熱いとわかり、それに近づきたくありませんでした。
地獄の火  私は別の場所を見ました。
 燃えている大きな炎が見え、闇の中で、おびただしい数の人々悲鳴を上げているのが聞こえました。
 そこには火と暗闇が存在しました。
 最初、私が聞いたのは、叫び声や、泣き声や、うめき声でした。
 ところが、それらの声がどこから聞こえてくるのか、私には見えず、わかりませんでした。
 しかし、どういわけか、私はのぞき込んで見ることができたのです。

 地獄のある一つの場所で、私がいっしょに学校に通ったことのある人を私は見ました。
 その人は、私の名前を呼んで叫んでいました。
 あたりに他の人々もいましたが、だれなのかは見分けがつきませんでした。
 彼らも、それぞれ自分なりの拷問に捕らえられており、空中に手を投げ出し体は焼かれていました

だまされている人々

 主はこう言われました。
 「死んでから地獄にいる自分を見出すことになる人々が大ぜいいます。…
 この人々は、本当はそうでないのに、自分は私と正しい関係にあると考えるよう、だまされています
 行って、彼らに警告しなさい。
 私は彼らが心を尽くして私につき従い、私を彼らの生活の中心とすることを望んでいます。
 彼らは、私を彼らの人生のとしなければなりません。
 私が何らかのことについて彼らに警告する時、彼らは従わなければなりません。
 私は、私の御霊により、彼らの心の内で、彼らに語ります。
 また、彼らを矯正するために私の聖徒たちを送ることもあります。
 この世への愛と、多くのたましいを誘惑するためにサタンが形作った娯楽産業とのために、多くのたましいがこの場所に行き着いています。
 行って、彼らに告げなさい、私をも世をも愛することは、だれ一人できないことを。
 彼らは選ばなければなりません」…


地獄にいた、あらゆる種類の人々!

 この場所には、あらゆる種類の悪霊どもと拷問が存在しました。
 私は、悪霊どもが人々をあざけったり、彼らを突き刺したり、目をえぐり出したりしているのを見ました。
 人々は死ぬほど叫んでいました。
 あらゆる種類の恐ろしい拷問がありました。
 …悪霊どもは彼らの上に跳び乗り、彼らを突き刺し、彼らの肉を引き裂きました。
 私は泣いており、私の顔を隠そうとしながら、こう言いました。

 「私はこれを見ることができません! 私はこれを見ることができません!」

 頭を切断された人々もいました。
 地獄には、多くの場所に、さまざまな仕方で死んだ、あらゆる種類のたましいが存在しました。

 彼らは、さまざまなの中で死に、そして、多くの仕方で拷問を受けていました。
 老人も若者もいました。病気で死んだ人々も、健康なままで死んだ人々もいました。
 白人もいれば、黒人もいました。買い物をしていた時に死んだ人々、事故で死んだ人々、テロリストに襲われて死んだ人々、神秘的な死に方をした人々、誘拐されて儀式でいけにえにされて死んだ人々、病院のベッドで死んだ人々などもいました。彼らは不信者たちでした。…
 そういう人々はみな拷問で苦しみを受けており、あの火の炎や、悪霊どもや、地獄のさまざまな拷問を逃れることはできませんでした。
 地獄は非常に広大であり、人々で満ちています
 自分の心の中に偶像を持っていた人々のいる場所も存在します。彼らは、神以上に、神以外のものを愛して崇拝し、それらのものが彼ら自身の偽の神々となっていたのです。(出エジプト記34・14)

 偶像礼拝する人々が天の御国を相続することはありません。

 性的な罪、淫行、姦淫、売春、レイプ、同性愛、情欲などに関わっていた人々のための場所も存在します…
 酒飲みたちのための場所、殺人者、白人たち、インディアンたち、黒人たち、よく知られた人々・有名な人々、金持ち・貧乏な人々のための場所も存在します。

新しく生まれ変わって正しい生活をすること

 主は私にこう言われました。
 「あなたにこのことを語っておきましょう。
 『あまりにも金持ちであるために、あまりにも有名であるために、地獄に行くことはあり得ない』という人は、一人もいません
 新しく生まれ変わって正しい生活をしているのでなければ、その人が地上でどういう社会的ステータスを持っていようと、最後は地獄に行き着くことになります」

 私は『マグマ』のようなものの上方を漂っていました。
 「ああ、これは恐ろしい!」と私は泣き叫んでいました。
 私は主に、「私はあれを見たくありません」と言っていました。
 たましいたちは、炎の中で、また悪霊どもにより、拷問で苦しめられていました。
 私は自分の両手で私の目を覆おうとしました。

 主はこう言われました。
 「あなたはこれを見て、この場所のことを人類に警告する必要があります」

 どうか、地獄に行かないでください。
 きょう、あなたの罪を悔い改めて、聖い生活をしてください。 …



 人間が死ぬ時、その人が真のクリスチャンの場合と、それ以外の人の場合とで、そのようすも行き先も全く異なります
 神の真の子どもであるクリスチャンが死ぬ時、その人の霊は体から離れ、神の御使い(天使)たちに護衛されて天国へ行きます。
 けれども、真のクリスチャン以外の人々が死んだ場合は、全く異なります。彼らに悪霊どもが現れ、地獄へと彼らのたましいを引きずり下ろして行きます。

 前者の人々は、現在も、そしてこれからも永遠に、天国でこのうえなく幸せな至福の中にいます。
 後者の人々は、地獄でこのうえなく苦しくてつらい拷問を受けており、やがて燃えさかる火の池の中永遠を過ごすことになります。
 地獄における永遠の滅びではなく、天国における永遠の命と幸いを選択しようではないでしょうか。


が救いの日

 聖書はこう警告しています。
 
私たちは…あなたがたが神の恵みをむだに受けないよう勧告します。
 なぜなら、彼()はこう言われるからです。
 『私は、受け入れられる時に、あなたに聞き、救いの日に、あなたを助けた』
 見よ、喜んで受け入れられる時、  見よ、救いの日なのです
(第二コリント6・1、2) 

(イエス・キリストによる救いについては、地獄に行かず、天国に行く方法をお読みください)

神はあなたを深く愛しておられます!

 神はあなたを深く愛しておられます!
 人間は死んでから無に帰するのではなく、天国か地獄永遠に生き続けます

 罪があるままでは、100パーセント確実に地獄に行き、
 永遠に苦しみ続けることになります!


 もちろん、神はあなたが天国に入れるようになることを望んでおられます。
 イエス・キリストは、あなたにこう語っておられます!
 
 「私はあなたがたが地獄に行くことを望んではいません。
 私は、私自身の喜びのため、またいつまでも続く交わりのために、あなたがたを造りました。
 あなたがたは私が創造したものであり、私はあなたがたを愛しています。
 私が近くにいる間に私を呼び求めなさい。
 そうすれば、私は聞いてあなたがたに答えましょう。
 私はあなたがたを赦して祝福したいと願っています」

こちらを順にお読み下さい。
 1.神様はどのようなお方か? 2.罪とは何か? 3.どうすれば天国に入れてもらえるのか?


死の床での証言集(PDFファイル

ページの上へ↑
……
こちらもお読みください。
地獄での23分 地獄で焼かれていた兄弟と友人たち スキューバ・ダイバーの体験 サタンにだまされた16歳の少年 福音をばかにした男の結末 私は地獄の中を歩いた! 神を拒んだ老婦人 ガーナの少年が目撃した最後の審判 地獄に行きかけた無神論者! 本物の地獄体験・サタンの偽体験 天国での感激の再会! 私は天国でペットと再会した!



あなたのためGood News
はあなたのために救いを用意してくださいました!
こちらをお読みください。どうすれば天国に入れてもらえるのか?

生きている今ならを赦していただき、地獄に行かず天国に入れるようになることが可能です。死んでからでは、永遠に手遅れになります。


無料プレゼント
2冊の本進呈! 
初めての方限定)
無料プレゼント!! 
詳細は→ こちらをクリック
私は天国を見た! 天国を訪れた八歳の時のロバーツ
私は地獄に行った ケネス・E・ヘーゲン





自殺して地獄に行った15歳の少女
自殺者たちの証言・聖書の証言

天国地獄情報
天国地獄体験証言の本
新約聖書
エターナル・ライフ・ミニストリーズ






copyright c. www.tengokujigoku.info Counter