臨死体験と、悪霊の「芝居(7) 天国地獄情報 エターナル・ライフ・ミニストリーズ 

本物の地獄の恐怖


日本 アメリカ フランス

臨死体験で恐怖を体験する人々

 ところで、臨死体験はワンパターンではありません。
 「トンネル」や「花畑」を体験しない人々もいます。(覚えていない可能性もあります)
 また、『芝居』を見ずに、悪霊や地獄の本物の恐怖を体験する人々もいます。
 それは、悪霊どもが本性を現している時です。彼らの姿は、もはや「変身(変装)」した人間の姿ではなく、このうえなくグロテスクで恐ろしいものです。
 本物の地獄に案内され、本物の悪霊どもを見ることを許されたビル・ウィーズ師は、悪霊どもの姿をこう描写して証言しています。
証言5】
「一匹の悪霊は体中にうろこがあり、巨大な歯のある大きなあごがあり、爪は突き出ていて、目は、くぼんでいました。彼らは実に巨大でした。
 そして、これとは少しも似ていない別の悪霊もいましたが、それは体中に、かみそりのような鋭いひれがあり、一本の長い腕と、釣り合いのとれていない二本の足がありました。
 どの悪霊も奇形で、ゆがんでおり、釣り合いがとれてなく、対称的ではなく、左右対称のものは何もなく、一方の腕は長くてもう一方は短く、とても奇妙に見える生き物で、恐ろしく、恐ろしく見える者たちでした」(『地獄での23分』HP参照)


 臨死体験で、その恐怖の一部を体験した人々もいます。

日本人の臨死体験例 日本

事例25】
「気づいたら真っ暗な世界にいました。…周りには顔が見えない人が沢山いた。…
 私はその人達に腕を引きちぎられ、足を引きちぎられたりし、その世界でとても苦しんだ
 …今度は階段みたいな所に縛られ、同じ様なことをされ…そんなことを何回もされて、いっそのことこんな苦しい事が続くならもう生き返りたくない、死にたいと思った」

 この「腕や足を引きちぎったり」したのは、悪霊以外の何ものでもありません。
 そして、この「真っ暗な世界」も、天国ではなく、地獄の入口に近いどこかの場所と思われます。


臨死体験で拷問を受けた人

 同様の臨死経験をしたハワード・ストームという人がいます。(HP「地獄に行きかけた無神論者!」参照)

証言6】
「ますます暗くなるにつれ、徐々に彼らは残酷さを増していきました。
 その生き物たちは私をからかい始めました。…
 初めのうちは、それらの生き物は一ダースくらいいるようでしたが、その後は、四十匹か五十匹くらいいると思うようになりました。
 さらにその後では、何百匹か、それ以上いるようでした。…
 その生き物どもは私を押したり突いたりして反応しました。
 最初は、私はうまくやり返して、彼らの顔を打って彼らを蹴ることができました。
 けれども、私は彼らに少しも苦痛をもたらすことができませんでした。
 彼らはあざ笑っているばかりでした。
 それから彼らは指の爪や歯で私をひっかき始めました。
 私は本物の体の痛みを経験しました。
 これは長い間続き、私は戦って、彼らをかわそうとしました。それが困難だったのは、私が大ぜいの者たちの真ん中にいて、私の周囲に彼らの手や歯があったからです。
 私が悲鳴を上げて、もがけばもがくほど、彼らはそれをますます気に入っていました。
 その騒がしさは、ものすごいものでした。
 残酷な笑い絶え間ない拷問があったからです。
 それから彼らは、別のさまざまな仕方でさらに私を侮辱したり、暴力を振るったりしました。
 それは、あまりにも恐ろしくて話すことができません。
 その会話も、想像できないくらいにひどいものでした。
 ついに私にはもうこれ以上戦う力も能力もなくなり、地面に倒れました…」


 この人は、この時、無神論者の大学教授でした。彼はまさに地獄の中に行こうとしており、すでに大ぜいの悪霊どもから拷問を受けていたのです。その続きは、こうです。

証言6 続き】
「このうえなく深い絶望のその瞬間、私の子どものころの歌声が頭に浮かんで来ました。
 私が日曜学校に出かけて行った時のものでした。
 『イエス様は私を愛しておられます…
 イエス様は私を愛しておられます、私はそれを知っています』
 …私の知性も力も心も、私の存在のすべてをもって、私は暗闇の中に向かって叫びました。  『どうかイエス様、私を救ってください!』
 私は本気でした。私はそれを疑うことはなく、私の全存在をもって本気でそう言いました…」


 幸いにも、彼は本気でイエス・キリストを受け入れました。そして、地獄に行く必要はなくなりました。
 この臨死体験後、彼はイエス・キリストの福音を伝える牧師となりました。
天国と地獄の現実 HP「地獄に行きかけた無神論者…ハワード・ストームの体験」参照)



臨死体験と、悪霊の「芝居1 2 3 4 5 6 7 次へ8  9 10


臨死体験と、悪霊の「芝居
日本 フランス アメリカ

《 目次 》
1 地獄行きの「暗いトンネル
2 トンネル内に潜む悪霊・恐怖の世界
3 偽造された「故人・家族
4 偽造された「自分とそっくりの人間
5 本当の天国と偽物の「天国」(花畑
6 臨死体験で演じられている「芝居」
7 本物の地獄の恐怖
8 悪霊どもによる本物の拷問
9 死に物狂いの動き」をしていた人々
10 火の池の中の体験!
天国地獄…世界の聖徒たちの証言

1プエルトリコ「見なさい、そういう偶像は彼女を救うことが
できなかったのです」
2韓国韓国人少女の見た天国地獄
3コロンビア不品行をしたために、地獄にいた人
4アメリカ地獄にいた売春婦・同性愛者
5ドイツドイツ人女性が見た地獄の恐怖
6フィリピン私は罪人死後の出来事を見た
7エクアドル自己殺害者…自殺して地獄に来た人
8ミャンマー聖書のどのことば真実です!
9アメリカ薬物常習者2回地獄体験
10中華人民共和国「不信者たちは、地獄に直行します」
11アメリカ世界中の病院で死んでいる人々に起きていること
12エルサルバドル「彼らが歩いて向かっている先地獄であることを告げなさい」
13インド「イエス様は、『悔い改める時はです』と言われました」
14コロンビア唯一かつ最後のチャンスを逃した人
15ナイジェリア私は地獄嘆願している人々を見た


……

臨死体験と、悪霊の「芝居」(目次  天国地獄情報  エターナル・ライフ・ミニストリーズ
   



Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ