メアリー・K・バクスターの体験

メアリーメバクスター

 1976年三月、私は家で祈っていた時、主イエス・キリストの訪問を受けました。
 それまで私は幾日も神の霊によって祈っていましたが、突然、神の臨在をはっきりと感じたのです。
神の力と神の栄光が部屋に満ちました。私が祈っていた部屋を明るく輝く光が照らし、心地好くすばらしい感覚が私に押し寄せて来ました。
 光が、大波のように押し寄せてきては互いに折り重なり、また押し寄せてきては流れ出ていきました。実に、目を見張らせるような光景でした!
 そしてそれから主の声が私に語り、こう言われました。
 「私はあなたの主、イエス・キリストです。私は聖徒たちに私の再来への備えをさせ、多くの人々を義の道に立ち返らせるため、あなたに啓示を与えたいと願っています。暗やみの力は現実に存在し、私のさばきは本当に存在するのです。
 我が子よ、私は私の霊によってあなたを地獄に連れて行きます。そして私がこの世界の人々に知ってほしい多くのことをあなたに示していきます。私は何度もあなたに現われます。私はあなたの肉体からあなたの霊を取り出し、実際に地獄の中に連れて行きます。
 私は、あなたが一冊の本を書き、さまざまな幻や私があなたに啓示するすべてのことを告げ知らせることを望んでいます。
 あなたは私とともに地獄の中を歩いて行きます。過去にあったこと、現在あること、これから起こること、これらのことの記録を作りなさい。私のことばは真実であり、信頼できる確実なことなのです。
 「私は私の霊によってあなたを地獄の中に連れて行きます。それは、地獄の現実をあなたが書きとめて、全世界の人々に地獄が現実にあることを語るため、また滅びに向かっている人々を暗やみの中からイエス・キリストの福音の光の中に導くためです
 彼は言われました。「あなたが見ようとしていることは、一つの警告なのです。あなたが書く本は、多くの人々を地獄から救うことになります。
 あなたが見ようとしていることは現実のことです。恐れてはいけません。私はあなたとともにいるからです」
……

 …ついにイエス様と私はトンネルの底に着きました。私たちは地獄の中へ入って行きました。
 私は、私の能力の限りを尽くして、見たことを語ろうと思います。そしてそれを、神が私に示してくださった順序で語ることにします。
 見渡すかぎり私たちの前には、あちらこちらへと何かが飛んでいました。うめき声と哀れな泣き声が満ちていました。前方の上方に、薄明かりが見え、私たちはそこに向かって歩き始めました。道は乾燥しており、粉っぽい泥道でした。私たちはやがて小さな暗いトンネルの入り口に着きました。
 私が紙上で書けないことが、いくつかあります。それらは表現できないほどにあまりにも恐ろしいことでした。
 地獄での恐怖は、体験することはできても、もし私がイエス様と一緒でなかったらその恐怖から戻って来ることはないであろうことを、私は知っていました。
 これを書きながらも私が見たことで理解できないことがいくつかありますが、主はすべてのことをこ存じです。そして主は私が見たほとんどのことを理解できるように助けてくださいました。
 あなたに警告させていただきます。あの場所に行ってはいけません。そこは、苦悩と苦痛と永遠の悲しみの、恐ろしい場所なのです。
 あなたのたましいは、いつまでも生き続けるのです。たましいは永遠に生きています。それは現実のあなたであり、あなたのたましいは天国か地獄かのどちらかに行くことになるのです。
 地獄には、夜も昼も苦しんでいるたましいがいるのです。地獄にはパーティーなどありません。愛も全くありません。あわれみも全くありません。休息も全くありません。あなたの考えの及ばない、ただ悲しみの場所なのです。


「地獄についての神の啓示」[エターナル・ライフ・ミニストリーズ刊]より抜粋)


……

《著者メアリー・K・バクスターから》

 この本(「地獄についての神の啓示」)を書くのは、私にとって長くて、孤独で、しかも忍耐のいる経験でした。実際、この本ができ上がるまでに何年もかかりました。
 私が主から啓示を受けたのは、1976年のことでした。その啓示を紙に書き出すのに八ヶ月かかりました。執筆に数年かかり、整理するのにもう一年かかりました。
 この本の完成には、1982年の冬と1983年のまる一年とを費やしました。付け加えて言えば、イエス様は40日間、私を地獄に案内されたのでした。
 1976年、主は私に現われてくださり、私にこう言われました。
 「我が子よ、私があなたに私自身を現わすのは、人々を暗やみの中から光の中に導くためです。
 主である神があなたを選んだのは、私がこれからあなたに示して語ることを、あなたが書きとめて記録するためです」
 「私はあなたに、現実の地獄を啓示していきます。
それは多くの人々が救われるため、手おくれになる前に多くの人々が悪の道を悔い改めるためです」

 「あなたのたましいは、私、主イエス・キリストによってあなたの体から取り去られ、私があなたに見せようと願っている地獄とその他の場所に移されます。また私は、あなたに天国とその他の場所も見させ、多くの啓示を与えます」
メアリー・キャサリン・バクスター


あなたのためGood News
はあなたのために救いを用意してくださいました!
こちらをお読みください。どうすれば天国に入れてもらえるのか?

生きている今ならを赦していただき、地獄に行かず天国に入れるようになることが可能です。死んでからでは、永遠に手遅れになります。




自殺者たちの証言・聖書の証言  自己殺害者…自殺して地獄に行った人

……

地獄は本当にあります!1 地獄は本当にあります!2

1神様はどのようなお方か?   2罪とは何か?  3どうすれば天国に入れてもらえるのか?
 

こちらもお読みください。
地獄での23分 地獄で焼かれていた兄弟と友人たち スキューバ・ダイバーの体験 サタンにだまされた16歳の少年 福音をばかにした男の結末 私は地獄の中を歩いた! 神を拒んだ老婦人 ガーナの少年が目撃した最後の審判 地獄に行きかけた無神論者! 本物の地獄体験・サタンの偽体験 天国での感激の再会! 私は天国でペットと再会した!

天国地獄…世界の聖徒たちの証言

1「見なさい、そういう偶像は彼女を救うことができなかったのです
2韓国人少女の見た天国地獄
3不品行をしたために、地獄にいた人
4地獄にいた売春婦・同性愛者
5ドイツ人女性が見た地獄の恐怖
6私は罪人死後の出来事を見た
7自己殺害者…自殺して地獄に来た人
8聖書のどのことば真実です!
9薬物常習者2回地獄体験
10不信者たちは地獄に直行します
11世界中の病院で死んでいる人々に起きていること
12「彼らが歩いて向かっている先地獄であることを告げなさい」
13「イエス様は、『悔い改める時はです』と言われました」
14唯一最後チャンスを逃した人
15地獄嘆願している人々を見た


臨死体験と、悪霊の「芝居
日本 フランス アメリカ

《 目次 》
1地獄行きの「暗いトンネル
2トンネル内に潜む悪霊・恐怖の世界
3偽造された「故人・家族
4偽造された「自分そっくり人間
5本当の天国と偽物の天国(花畑
6臨死体験で演じられている「芝居」
7本物の地獄の恐怖
8悪霊どもによる本物の拷問
9死に物狂いの動きをしていた人々
10火の池の中の体験!




……

天国地獄情報  天国地獄体験証言の本 新約聖書 エターナル・ライフ・ミニストリーズ

2015年天国訪問 2015年地獄訪問  2016年12月30日の天国体験!!  家族がみな同じ時天国に案内された!



copyright c. www.tengokujigoku.info