愛と赦し…天国に至る道批判と中傷…地獄に至る道 4    カート

的外れの批判をして地獄に行った牧師

 イエス様の時代に批判・悪口・中傷を言ったあのパリサイ人たちや律法学者たちは、もし悔い改めないまま生涯を終えたとすれば、死んで地獄に行き、今もそこにおり、そして永遠にそこに居続けるのです。
 現代も、同じ道をたどっている人々がいます。

的外れの批判をして地獄に行った牧師!

 2012年、エリック・ナナ・ブリッジズ氏は天使に案内されて地獄に行き、ある牧師を見かけました。
 その牧師は地上にいた時、人々を批判していました。(詳細は→クリスチャンへの警告 第12集
 ブリッジズ氏はこう証言しています。

 2012年9月20日の午前三時ごろ、私のたましいが私の体の外に立っているのが見えました。…
 私は、白い亜麻布の長服を着ている天使と会いました。…
 彼は私にこう言いました。
 「恐れてはいけません。
 は、あなたがあるものを見て、それを人類に知らせることを望んでおられます。
 なぜなら、時の終わり間近だからです」  

 それから彼は私を、ある場所に案内しました。
 そこで私は、火の池のような、煮え立っている火を見ました。
 そこは、考えも及ばないくらいに熱い場所でした。
 私は本当に暑さを感じており、恐ろしい恐怖に襲われました。…



 その地獄で、ブリッジズ氏は、ある牧師を見せられました。
 ブリッジズ氏はこう証言しています。

 その天使は私に一人の牧師を見せました。
 天使は私に、その人と話すようにと言いました。
 それで私は勇気を出して、彼がいったいどうして地獄にいるのか尋ねました。
 彼は私にこう言いました。

 私はかつて、預言の働き批判し、それに反論していました。
 また、聖霊の働き悪口を言っていました。
 私は、彼らが神の力を使っているのではない考えており、そういう仕方での働きを厳しく批判することによって、そういうものへの不信感をいつも表明していました。
 私には理解できなかったからにすぎません。
 私は、そのことについては静かにしていて、神が私にするようにと召されたことをすることに集中するべきでした。
 私は、神が確かに用いておられた人々をあちこちで厳しく批判していました。
 そして私は亡くなろうとしていた時、自分は天国に行くことになると思っていました。
 ところが、気がつくと、私はここにいたのです。
 そして永遠にここにいるのです



 この牧師は、地上にいた時、聖霊の働きを批判し、悪口を言っていました。
 彼は自分が「理解できなかった」ことで、聖霊の働きの悪口を言い、神が用いておられた人々を批判していたのです。
 つまり、彼は的外れ批判をしていたのです。
 この牧師がブリッジズ氏にこのことだけ語ったことからすると、彼の罪は、もしかすると、この批判と悪口の罪だけだったのかもしれません。
 もしかすると、彼はそれ以外の点では、一人の牧師として落ち度のない働きをしていたのかもしれません。

 そもそも彼が牧師になることを志した時は、将来、牧師として人々に福音を語り、一人でも多くの人に神の救いをもたらし、クリスチャンたちを愛し、神のことばで養い育てていこうと決意していたはずです。
 彼はどこかの聖書学校を卒業し、その決意をもって伝道と牧会を始めたことでしょう。
 彼が自ら語っているように、「静かにしていて、神が私にするようにと召されたことをすることに集中するべき」でした。
 ところが、いつしか、彼は他の奉仕者やその働き批判し始めたのです!
 こういう人々を待ち構えているのは、「錯覚」「わな」です!!

「最も恐ろしいことは、人をさばき始めると、何やら自分が立派な者になったかのような錯覚が生じてしまうことです。…
 人をさばくとき、私たちは『高ぶり』わなに陥るのです」



 この牧師は、自分が地上にいた時に行ったことを、地獄告白しました。
    彼は、
  • 預言の働きを批判し、反論していました。
  • 聖霊の働きの悪口を言っていました。
  • 彼らは神の力を使っているのではないと考えていました。
  • そういう仕方での働きを厳しく批判していました。
  • そういうものへの不信感をいつも表明していました。
  • 神が確かに用いておられた人々をあちこちで厳しく批判していました。
 彼は、自分には理解できなかったのに、批判していたのです。
 彼は的外れ」の批判をしていたのです!!


 もし、これを地上にいた時に告白して悔い改めていたなら、彼はここに来ることはなかったのです。
 彼は地上でこう悔い改めるべきでした。
 
「神様、私は、私には理解できなかったのに、預言の働きを批判し、反論し、聖霊の働きの悪口を言いました。
 私は、彼らは神の力を使っているのではないと考え、そういう仕方での働きを厳しく批判し、そういうものへの不信感をいつも表明してきました。
 私には理解できなかったからにすぎません。
 私は、そのことについては静かにしていて、神が私にするようにと召されたことをすることに集中するべきでした。
 私は、神が確かに用いておられた人々をあちこちで厳しく批判しました。
 私は的外れ批判をし、悪口を言いました。
 これらのを犯した私をお赦しください
」と。  


 しかし、もはや手遅れでした!!



 彼にそういう行為がであると教え、警告できる人がいたなら、彼は悔い改めたかもしれません。
 あるいは、警告した人がいても、彼が心をかたくなにし、聞き入れようとしなかったのかもしれません。
 彼がこの批判・悪口の罪を犯した瞬間、彼はもはや義人ではなくなり、天国の『命の書』から彼の名前は消し去られました。
 その時から聖霊は彼のに働きかけてこられたはずですが、その御声に彼は聞き従うことはしませんでした。
 彼が罪を犯した瞬間以降は、彼はいつ死んだとしても『地獄行き』の状態でした。
 彼が地上で亡くなるまでの間も、彼は教会では「牧師」であり、人々にこう話していたかもしれません。

「救われるために、あなたの罪を悔い改めなさい。
 自分自身をよく吟味して、どんな罪でもあれば告白して赦していただきなさい。
 そういう人だけが天国に入れるのですよ」

 さらには、こう教えていたかもしれません。

「人々を批判したり、悪口を言ったりしてはいけません。
 聖書の○○書の○章○節や、□□書の□章□節に、ちゃんと書かれていますよ。
 そういう罪を犯して地獄に行かないように注意しなさい

 けれども、それらは、まさに彼自身に向けて語られるべきことばでした。


 彼が亡くなった時、教会員たちはこう言ったかもしれません。

「●●牧師は立派な神の人でした。
 ●●先生は長年、聖書の教えを忠実に守ってこられました。
 現在、●●先生は天国イエス様のもとにいて、神様から慰めとねぎらいのことばをいただき、たくさんの報いを受けておられることでしょう!」

 ところが、実際はその正反対でした!!
 彼は地獄でこう言いました。
私は亡くなろうとしていた時、自分は天国に行くことになると思っていました。
 ところが、気がつくと、私はここにいたのです」

 彼は、義人でない人々が死ぬ時と同じように死んだのです。
 彼が亡くなろうとしていた時、彼のところに集まって来たのは、聖なる御使いたちではなく、恐ろしい形相の悪霊どもでした。
 彼が死んだ瞬間、悪霊どもは彼の体から彼のたましいをつかみ取り、『暗いトンネル』を通って地獄へ引いて行きました。
 そして、地獄に着くやいなや、彼に対する残虐な拷問が始まりました。
 彼は、いまだかつて発したことのないような大声悲鳴を上げ始めたことでしょう。
 彼は、いつまで自分が地獄にいるかも、自分で言いました。
…気がつくと、私はここにいたのです。
 そして永遠にここにいるのです

 彼は牧師として献身した当時、まさか将来自分が地獄に行き着くことになるとは思ってもいなかったはずです。
 彼は、福音を宣べ伝えるという働きをする牧師として召されたはずです。
 彼は、「人々を批判し悪口を言う働き」へと召されたわけではありません。
 そのような『神からの召し』など存在しません。
 あるとすれば、それはサタンが用意したものです。
 彼は地獄に行き着いた、初めて、自分が地上でしてきたこと本当に認識したのです。

私は批判さえ、しなければよかったのに  私は悪口さえ、言わなければよかったのに  私は… 私は…

 しかし、もはや手遅れでした!!




 2012年、エリック・ナナ・ブリッジズ氏は天使に案内されて地獄に行った時、こう告げられました。

は、あなたがあるものを見て、それを人類に知らせることを望んでおられます。
 なぜなら、時の終わり間近だからです」

 ブリッジズ氏が示されたことの一つが、この牧師は現在地獄にいるという厳粛な現実でした。
 神が「それを人類に知らせることを望んでおられる」理由は、同じような罪を犯している人々が、悔い改めることなく地獄に来ることを望んでおられないからではないでしょうか?
 そのような人々は、携挙の時に地上に残されることになるか、あるいは、それまでに死を迎えて、この牧師と同じ行き先にたどり着くことになります。



は、ある人たちが遅いと思っているように、その約束を遅らせておられるのではありません。
 そうではなく、私たちに対して気長に辛抱しておられるのであって、だれも滅びることを望まず、すべての人が悔い改めに至ることを望んでおられるのです」
(第二ペテロ3・9)


この悲劇の牧師とは全く対照的に、
次の5で紹介する一変した牧師の生涯をおくる人は幸いです。


次へ 5

愛と赦し…天国に至る道批判と中傷…地獄に至る道



ページの上へ↑
……

教会・説教者・の責任
1 地獄のことを語らなかった説教者たち1926年11月20日 地獄で聞かれた永遠の痛恨
2 あなたは真理を語るべきでした」 …1976年 地獄で目撃された説教者【1
3 滅びた人々の血の責任       …1976年 地獄で目撃された説教者【2
4 本当の真理を教わらなかった少女  …2015年5月28日  地獄で聞かれた永遠の痛恨
5 なぜ永遠の現実を語らないのですか …2015年 5月11日(月) ある牧師についての幻
6 携挙されなかった牧師たちについての幻
7 「通うべき良い教会を見つけるよう告げなさい」
地域教会について

天国地獄情報 エターナル・ライフ・ミニストリーズ
新約聖書  聖書ホームページ 


利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ   Counter