ガーナの少年が目撃した最後の審判!

リチャードの体験(ガーナ)

 「人の子が彼の栄光の内に来て、聖なる御使いたちもみな彼とともに来る時、それから彼は彼の栄光の座に着き、彼の前にすべての国民が集められます。
 そして彼は、ちょうど羊飼いが羊をやぎから分け離すように、彼らを互いから分け離し、羊を自分のに、やぎをに立たせます。
 それから王は、自分の右にいる者たちに言います。
 『さあ、来なさい、私の父に祝福されている者たち。世の土台が据えられた時からあなたがたに用意されてきた御国を相続しなさい。…
 それから彼は、左にいる者たちにも言います。
 『呪われてきた者たち、私から離れて、悪魔と彼の使いどもに用意されてきた永遠の火の中へ行け。…
 こうして、この者たちは永遠の懲罰の中へ去って行き、義人たちは永遠の命の中へ去って行くようになります」
(マタイ25・31〜34,41,46)


新生したリチャード

 ガーナにリチャードという名前の少年がいました。1970年代、彼はホウにある学校に通っていました。彼は、彼の学校でのスクリプチャー・ユニオンの伝道の働きを通して新しく生まれ変わりました。
 父親は呪物崇拝の祭司であり、リチャードがクリスチャンになったことを知った時、学校の授業料をこれ以上払うことを拒みました。なぜなら、クリスチャンであるリチャードが父親の呪物崇拝の神殿で奉仕しようとしなくなったからです。こうしてこの少年は進学を断念しなければならなくなりました。
 ところが、主の恵みにより、クリスチャンの友人たちがリチャードの授業料を払うことに同意し、彼は学校に続けて通うことになりました。
 その後、しばらくして彼は病気になりました。彼はホウにある国立病院に入院しました。その病棟を、友人たちやクリスチャンの友人たちが見舞いに訪れました。
 ある日の午後、友人たちが彼を見舞いに訪れた時、担当していた看護士は彼らに面会を許可しませんでした。彼らは、リチャードのベッドを緑色の幕が取り囲んでいるのに気付きました。その緑色の幕は、彼がベッド用のお風呂を利用しているか、彼が亡くなったか、そのいずれかを示していました。クリスチャンであるその友人たちは面会を強く要求しましたが、看護士は彼らのうちの二人しか彼との面会を許可しませんでした。

生き返ったリチャード!

 彼らはその幕の背後にいた時、リチャードが亡くなったことを知りました。彼らは少しもためらうことなく彼のために祈り始めました。彼らは祈りの中で、リチャードがこの時点で死ぬのが主のみこころなのかどうかを主に尋ねました。
 数分後、彼らはリチャードの片腕が動くのを見ました! それから、さらに見守っていると、もう一方の腕も動きました。その友人たちは熱心に見つめていました。ついに彼の両目が開き、彼はとても深いため息をつきました。リチャードはこう言いました。
 「またこの世界に戻って来て、私は残念です」 友人たちは彼に、それはどういう意味かと尋ねました。すると彼は彼らに次のように話しました。
 「私は、銃から出る弾丸のように空中に投げられました。私は空中を移動していき、私が入るために空に開いているに入りました。私が入ると、白い長服を着た小さな少年が見えました。彼は私の手をつかんで、『ようこそ』と言いました。

人々に起ころうとしていること

 彼は私を中に入れると、地球を振り返って、そこで起ころうとしていることを見なさいと言いました。
 私が見下ろすと、ボール球のように見える地球が見え、大ぜいの人も見えました。男性たちと女性たちが、想像できないくらいの恥ずべきことを行なっていました。その小さな少年は、彼らの生活の細かなこともはっきり見えると言いました。
 その少年は、自分の後について来るようにと私に言いました。私たちは、ある場所に着きました。そこで、御座に座っておられる審判者の前に、人々の長い列が現れました。
 そこには、私が知っている人たちもいました。人々は順番に、その審判者の前に来ていました。
 その人たちを見つめていると、ある人たちが審判者の前に来て、いつか自分が彼の前に裁きのために現れることになるとは知らなかった、と嘆願し始めるのが見えました。
 男の人が嘆願していた間、その審判者は見下ろしておられました。男の人は嘆願した後、自分が審判者ののほうに移動していることに気付きました。
 ある人たちは、審判者の前に来ても決して一言も言わずにそこから出て、審判者の右手側へ進みました」
 リチャードは続けてこう話しました。
 「私がしばらくその光景を見ていると、その天使のような少年が私に、審判者の左側に進んだ人々に起ころうとしていることを彼といっしょに見るように、と言いました。
 私たちはそこへ行き、一つのの前に立ちました。その少年がその門のところでノックすると、ドアが開きました。その部屋は非常に暗くて、中にいる人たちは泣いて、うめいて、歯ぎしりしていました。私はとても怖くなり、彼らをあわれに思い始めました。

金でできている床の場所!

 その少年はまた私を連れて行き、右側に進んでいる人たちを見させました。またしても私たちはあるドアのところに来ました。その少年がドアにノックすると、それが開きました。
 私が中を見ると、床が金でできているのがわかりました。その場所全体が非常に明るくて、人々は喜んでおり、主の主であられる方をほめたたえて歌っていました。
 ああ、それはなんという喜びだったでしょう! 私はとても感激して、中に入ろうとジャンプしました。でも、その少年が私を後ろに抑えていました。彼は私に、私の順番はまだ来ていないと言いました。
 それから彼は、私がマタイ24章を読んだことがあるかと尋ねました。私は、あると答えました。彼は、主の再臨の数々の徴候が次々と成就されつつあると付け加えて言いました。
 彼は、まもなく主が現れると言い、それから私に、私が見たことを、私が語ることのできるだれに対しても語るようにと言いました。
 それから、その天使のような少年は私と別れました。そして、私はふたたびこの地上にいるのです」


あなたのためGood News
はあなたのために救いを用意してくださいました!
こちらをお読みください。どうすれば天国に入れてもらえるのか?

生きている今ならを赦していただき、地獄に行かず天国に入れるようになることが可能です。死んでからでは、永遠に手遅れになります。




自殺者たちの証言・聖書の証言  自己殺害者…自殺して地獄に行った人

……

地獄は本当にあります!1 地獄は本当にあります!2

1神様はどのようなお方か?   2罪とは何か?  3どうすれば天国に入れてもらえるのか?
 

こちらもお読みください。
地獄での23分 地獄で焼かれていた兄弟と友人たち スキューバ・ダイバーの体験 サタンにだまされた16歳の少年 福音をばかにした男の結末 私は地獄の中を歩いた! 神を拒んだ老婦人 ガーナの少年が目撃した最後の審判 地獄に行きかけた無神論者! 本物の地獄体験・サタンの偽体験 天国での感激の再会! 私は天国でペットと再会した!

天国地獄…世界の聖徒たちの証言

1「見なさい、そういう偶像は彼女を救うことができなかったのです
2韓国人少女の見た天国地獄
3不品行をしたために、地獄にいた人
4地獄にいた売春婦・同性愛者
5ドイツ人女性が見た地獄の恐怖
6私は罪人死後の出来事を見た
7自己殺害者…自殺して地獄に来た人
8聖書のどのことば真実です!
9薬物常習者2回地獄体験
10不信者たちは地獄に直行します
11世界中の病院で死んでいる人々に起きていること
12「彼らが歩いて向かっている先地獄であることを告げなさい」
13「イエス様は、『悔い改める時はです』と言われました」
14唯一最後チャンスを逃した人
15地獄嘆願している人々を見た


臨死体験と、悪霊の「芝居
日本 フランス アメリカ

《 目次 》
1地獄行きの「暗いトンネル
2トンネル内に潜む悪霊・恐怖の世界
3偽造された「故人・家族
4偽造された「自分そっくり人間
5本当の天国と偽物の天国(花畑
6臨死体験で演じられている「芝居」
7本物の地獄の恐怖
8悪霊どもによる本物の拷問
9死に物狂いの動きをしていた人々
10火の池の中の体験!




……

天国地獄情報  天国地獄体験証言の本 新約聖書 エターナル・ライフ・ミニストリーズ

2015年天国訪問 2015年地獄訪問  2016年12月30日の天国体験!!  家族がみな同じ時天国に案内された!



copyright c. www.tengokujigoku.info