天国地獄の証言 6 天国と地獄の情報 


6偽造された「故人・家族」
日本


偽造された「亡くなった知人・親戚・動物…」

 真のクリスチャン以外の人々の臨死体験で、「トンネル」体験の後、「亡くなった知人・親戚・動物」などとの出会いが報告される事例が多くあります。

日本人の臨死体験例

事例8】「ブラックホールのような漆黒の大きな穴が目の前に見えた。…急に怖くなり、寒気がした。
…向こうから亡くなった近所のおばあさんが横切ったり、穴のギリギリのところに立っては消え、おいで、おいで、と…」

事例9】「気づくと川のほとりに立っていた。川の反対岸には沢山の人がいて、こちらに何か言っている。…親戚のよう。その一番前に、亡くなっている祖父がいて…」

事例10】「その花畑から、以前飼っていた犬が出てきて…」

事例11】昔の友人、親戚一同が一斉に出てきました。三途の川も出てきた。同時に神がたくさん降りてきた。…神が多数出現し、西郷隆盛などの日本の英雄も登場した」

事例12】「一人で真っ暗闇の中にいた。とにかく出口を探して歩き続けていると、前のほうから幼なじみが手招きをしているのがわかった。
 私は嬉しくなって、『○○ちゃん!』と声をかけたが、彼女は…何もしゃべらずニコニコ笑って立っているだけだった」



人間に変身する悪霊

 こういうさまざまな登場人物は、本物のその人なのでしょうか?
 聖書はこう述べています。
サタン自身が光の御使いに変装する…」(第二コリント11・14)

悪魔による偽造物  ラファエル・ガッソン氏は、かつて心霊術の教師でしたが、その後、クリスチャンとなりました。
 彼の著書悪魔による偽造物からも、次のことが明らかです。(「第九章 物質化…偽造の人間と物体」参照)

 悪霊は人間に変身できるのです。
 そういう「登場人物…人間」は、実は、悪霊どもによる「偽造人間」です。

 
 悪霊どもは人間の生活を非常に詳細に知っているのです。
 ラファエル・ガッソン氏が証言している通り、「人間一人一人の生活をきわめて詳しく調査することができるほど十分な数の悪霊どもが存在する」のです。(第四章)
 悪霊どもはその人物の姿に変身できるだけでなく、その人物の性格や背景、内密のことを詳しく知っており(彼らは『ファミリアー・スピリット』と呼ばれています)、まんまと人をだますことができるのです。

 ラファエル・ガッソン氏はこう証言しています。
証言3 その1】
「私は、一つの部屋が、物質化されて人間の姿をとった者どもで満ちていた時のことを覚えています。彼らはみな、同時に話しました」(第九章)
 彼は、「人間の姿をした霊(悪霊)握手した」ことも、そういう霊から「水を浴びせられた」ことも述べています。(第九章)

 ただし、悪霊どもの偽装は完璧ではありません。たとえば、このような事例もあります。
日本人の臨死体験例

事例13】「水の中に立っていた。…水は濁っていて中が見えない。何かいて、履いてるズボンの裾を引っ張ってくる。…何年も前に亡くなった祖父だった。…水の中で仰向けで片腕だけ伸ばして、私のズボンの裾を引っ張っていた
 薄っぺらくて、作り物みたいに見えたが、間違いなく祖父だった。…あの水の中にいた祖父は地獄に落ちたのか? 引っ張っていたのは私を連れて行きたかったのか?…
 でも、あの声は、祖父ではなかった



動物・昆虫・奇妙な塊にも変身する悪霊

 かつて「サタンの使い」であったバガラス・カンコ師も、悪霊どもがさまざまな姿に変身できることを証言しています。(同書の《序》参照)
 彼は、悪霊どもが、男性、女性、子どもなどの人間の姿として現れることもできるし、動物、昆虫、蛇、ハエ、トカゲ、タコ、イカ、カニ、ウミヘビ、魚、あるいは、奇妙な塊(かたまり)などにも変身できること、さらに、悪霊の大きさも、顕微鏡で見えるくらいの細菌(ばい菌・病原菌)として現れるものもいれば、超高層ビルほどの大きさのものもいることを証言しています。
 サタンは自分に仕える人間にも、変身する力を与えています。
 バガラス・カンコ師がサタンの使いであった時、サタンは彼に、「蛇、ワニ、チョウ、トカゲ、カニ」の五つの生き物に変わる力を与えていました。
 同じく元「サタンの使い」であったエマヌエル・エニ師も、かつて、彼が「女性や獣や鳥や猫」などに変身できるようにされていたことを告白しています。(詳細は→ エマヌエル・エニ師著祈りの奥義参照)




次へ7
天国地獄の証言  1 2 3 4 5  6 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17


天国地獄の証言 日本 中華人民共和国 フランス アメリカ ボツワナ

1不信心息子の恐るべき死 2地獄に引かれて行った中国人の少年
3イエス・キリストを拒んで暗いトンネルを通って地獄へ行った男
4地獄行きの「暗いトンネル」 5トンネル内に潜む悪霊・恐怖の世界
6偽造された「故人・家族」 7偽造された「自分とそっくりの人間」
8本当の天国と偽物の「天国」(花畑 9臨死体験で演じられている「芝居
10本物の地獄の恐怖 11悪霊どもによる本物の拷問
12死に物狂いの動き」をしていた人々 13火の池の中の体験!
14聖なる都・キリストと大ぜいの聖徒たちの幻 152015年の天国訪問
162015年の地獄訪問 17が救いの日!


……

地獄は本当にあります、私はそこに行ったのです!1 地獄は本当にあります、作り話ではありません!2

 1.神様はどのようなお方か? 2.罪とは何か? 3.どうすれば天国に入れてもらえるのか?


こちらもお読みください。
地獄での23分… ビル・ウィーズの体験    地獄で焼かれていた兄弟と友人たち!
スキューバ・ダイバーの体験   サタンにだまされて地獄に来た16歳の少年
クリスチャンたちをあざ笑い、福音をばかにした男の結末   私は地獄の中を歩いた!
神を拒んだ老婦人   ガーナの少年が目撃した最後の審判!  地獄に行きかけた無神論者!
本物の「地獄」体験と、サタンによる偽物の「光」体験  天国での感激の再会!

天国に行った人々・地獄に行った人々  の本
天国に行った人々・地獄に行った人々
天国地獄情報  天国地獄DVD




無料プレゼント
2冊の本進呈! 
初めての方限定)
無料プレゼント!! 
詳細は→ こちらをクリック
私は天国を見た! 私は地獄に行った



copyright c. www.tengokujigoku.info Counter